スマホを見ている女性

服の販売については様々な形があり、今では多様化していることも少なくありません。特にファッションについては100年前は和服を着ていたのに対して、今では欧米化の流れに伴って洋風化し、さらに世界的に広く切るようなジーンズやスカート、ワンピースやパーカーなど、色々なアイテムがあります。

ファッションの中でも特に既製服をアパレルといいます。これが転化して、アパレル業界というと洋服で既製服、つまりすでに出来ている服を販売する業界や衣類系の販売そのものを指すようになりました。このため、アパレル業界というジャンルには和服やオートクチュールは含まれない傾向があります。

今の時代、アパレル産業は多様性を持っており、多くのジャンルを持ち、より細分化している傾向が見られます。例えば時代による変化として、例えばまだ服を自分たちで作っていた時代ではまだ既製服は少なく、アパレル業界はかなり狭いものでした。ところが戦後の経済発展に伴い、販売する分野や内容が増え、また細分化した結果、ファッションは流行や季節に応じて、またニーズに応じて選択するものになってきたのです。

同時に季節や流行は関係なく、例えば誰かになりきるためのコスプレ衣装や制服、場所に応じて着るための喪服やスーツなども需要が細分化しており、細かい分野ごとに需要が細分化しています。

ここ最近のトレンドとしては、やはりファストファッションがあるでしょう。ファストファッションの一番の特徴はその価格の安さです。バブル時代、数万円するファッションを買うのが当たり前だったのですが、その後に不景気になり衣類にかける費用も格段に減ってきた結果、シンプルでトレンド感のあるファストファッションが好まれています。

トレンドファッション、さらにはシンプルな感じのファッションも多くなり、価格も安くなってきました。その一方で多様性に対応できなかったり、シーズンごとに服を買い替えるなどの問題も出てきているのです。また、服を買うためのツールも変化してきています。大きな特徴としては時代とともにツールも増加している傾向があるという事でしょう。

例えば昔は店頭で、実際に手に取り、買うという方法しかありませんでしたが、今ではインターネット上で購入する事が出来ます。それもパソコンの画面ではなく、スマートフォンの小さな画面上でよさそうな服を購入するという変化です。また、最近では販促ツールにSNSを用いて、SNSで商品を購入するという流れも出てきており、販促ルートや購入ルートにも多様性があります。